中瀬遊歩道 ×

画像
施設名(読み方) 中瀬遊歩道(なかせゆうほどう)
公式サイトURL
施設・周辺情報 ※台風13号の記録的大雨の影響により崩落があり、現在修復工事中のため通行禁止となっています。
 2024年4月更新

中瀬遊歩道は、清流の河鹿鳴く養老川の共栄橋付近から養老川沿いに設けられた1.2kmメートの遊歩道です。
養老渓谷温泉郷から向山・共栄トンネルを抜けると中瀬遊歩道入り口にたどり着きます。
共栄橋から下流に向け歩くと養老渓谷を代表する景勝地の一つ弘文洞跡があります。
遊歩道沿いには新緑や紅葉の見所として多くの人々が訪れます。

周辺には、養老温泉郷、観音橋(市原市)、あじさい寺で知られる
妙法生寺麻綿原高原などがあります。
駐車場 ・敷地内 0台
・近隣 あり
 ※紅葉シーズンに入る11月には、臨時駐車場(1日300円)が養老渓谷駅近くに設置。
トイレ なし
撮影可能場所 敷地内すべて
※入水は原則不可
※撮影場所により、千葉県に許可申請(受理まで1週間ほど)が必要
撮影使用料 お問い合わせください。
撮影可能曜日 月・火・水・木・金・土・日
撮影可能時間 終日
申し込み期限 14日前まで
その他 火気厳禁
※向山・共栄トンネルは周辺住民の生活道路となっているため、
 個人で楽しむ範囲を超えての撮影NGです。(SNSでの投稿目的もNG)
※ドローンを飛行させる場合
・遊歩道上は道幅が狭く、通行人の頭上を飛行させることになるので、安全上の問題で許可できません。
 そのため、広めの岩肌など河川に該当するところでドローンの離着陸含め行っていただきます。
・飛行計画書、ライセンスのコピーの提出等、千葉県への申請が必要です。
・複数人のライセンス保持者による安全を確保の上飛行させることが必須条件となります。
2023年02月24日